お問い合わせ

大宗建設の住まいづくり

断熱性能

一年中快適に過ごせる空間

パナソニックテクノストラクチャーの高気密高断熱工法により、家全体を断熱材で包むことで外気温の影響を受けにくい、快適な空間づくりを可能にしています。

地域の気候・風土に応じたきめ細かな断熱仕様

テクノストラクチャーでは、地域によって大きく違う気候に対応できるよう、地域ごとに壁、天井、床の断熱仕様を設定しており、夏の厳しい暑さをやわらげるとともに、冬の暖かな室内の空気を逃がしにくい、省エネルギー性の優れた住まいを提供しています。

  • サーモロック
    対応可

    ダブル
    断熱工法

    外張り断熱と充てん断熱のダブル断熱で北海道の省エネレベルを達成する高い断熱性を実現。

  • くるみ〜な
    対応可

    外張り
    断熱工法

    外張り断熱で快適性を実現
    地域ごとの省エネ基準をクリア。

  • くるみ〜なW(ダブル)
    対応可

    外張り
    断熱工法

    「くるみ〜な」に、従来の充てん断熱工法をプラスし、二重の断熱とすることで、断熱性能を更に高めました。

窓の熱の出入りと結露を軽減する「高断熱サッシ」

住まいのなかで最も外気の影響を受けやすい、つまり断熱性能の低い部分である窓面にペアガラスサッシやガス入り樹脂サッシを採用することで、室内の快適温度を逃さない、より快適な居住空間を実現できます。

快適で健康な暮らしのヒミツは、住まいの高断熱化です

断熱性能と体感温度

室温が高くても、壁などの表面温度が低いと人は寒く感じてしまいます。気密性・断熱性の高い高断熱住宅であれば、壁面の温度のムラが少なく、室温と表面温度の差が小さいので、同じ室温であっても、断熱レベルの低い住宅と比べて部屋を暖かく感じます。
また、空調で循環する空気が床や隅部にも渡り、部屋全体を一定の室温に保つため、冷暖房の効率も良くなります。家の断熱性能を高めれば、少ないエネルギーで夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができるようになります。

「自立循環型住宅への設計ガイドライン 入門編」より
体感温度≒(表面温度+室温)/2
※1 壁の熱貫流率4.3/㎡K