お問い合わせ

大宗建設の住まいづくり

品質へのこだわり

品質に自信があるからこそ、
住宅性能評価を委託

新築の建物は綺麗に整っているため、その品質をすぐさまお客様に判断いただくのは困難です。大宗建設では住宅の性能に関する評価を客観的に行う第三者機関を整備し、お客様に建物への信頼性を確保しています。

住宅性能評価とは

国土交通省に登録している第三者評価機関が、設計図書の審査や施工現場の検査を経て住宅の性能を公平な立場で評価し、交付する書面が住宅性能評価書です。

新築住宅における性能の表示項目は全10分野

評価基準は、住宅の外見や簡単な間取図からでは判断しにくい項目が優先的に採用されています。 設計住宅性能評価書は、評価方法基準に基づいて住宅の性能が評価され交付されます。さらに施工段階で、4回の検査が行われ、図面どおり施工が確実に実施されているかが評価され、建設住宅性能評価書が交付されます。
室内の快適温度を逃さない、より快適な居住空間を実現できます。

  • 01

    構造の安定

  • 02

    火災時の安全

  • 03

    劣化の軽減

  • 04

    維持管理への配慮

  • 05

    温熱環境・
    エネルギー消費量

  • 06

    空気環境

  • 07

    光・視環境

  • 08

    音環境

  • 09

    高齢者への配慮

  • 10

    防犯